e-SYOHSI

e-SYOHSI

システムアウトプットデータの活用・運用の効率化・自動化を目的とした汎用性の高い機能を提供します。

お知らせ

最新情報

2021-07-06 保守サービス窓口休業日のお知らせ

2021-04-16 [機能改善] e-SYOHSI Command Executor コマンド実行エラーの回避について

2021-03-23 Windowsセキュリティ更新プログラム(2021/3)に伴う印刷障害について

リリース情報

2021-07-06 [PTF] e-SYOHSI Spool File Download V2.2の累積PTF(SFD226400B)をリリースしました。

2021-07-06 [PTF] e-SYOHSI CSV Creator V3.1の累積PTF(SCP310100B)をリリースしました。

2021-05-17 [PTF] e-SYOHSI Spool File Download V3.1の累積PTF(SFD310100B)をリリースしました。

2021-04-28 [新バージョン] e-SYOHSI Spool File Download V3.1をリリースしました。

2021-04-28 [新バージョン] e-SYOHSI CSV Creator V3.1をリリースしました。

サポート情報

製品ラインナップ

e-SYOHSIとは

基幹系システムの情報活用・応用を主体とした業務要件に向けて、Usability(操作性)の向上、Scalability(拡張性)の確保を期待しつつ、変化・拡大する業務要件に自由度高く適応するには、オープンシステムとの多種多様な連携構成が組めるシステム基盤の構築が理想的です。

e-SYOHSIは、帳票/印刷データ・出力データなどシステムアウトプットに関する管理・運用の効率化・自動化を目的とした機能を提供します。
基幹系システムのビジネス情報をオープンシステムへ橋渡しする連携システム基盤の構築に役立つソフトウェアです。
基幹系システムから利用ユーザー固有のクライアントシステム、急速に普及するクラウドサービス利用に至るまで定型・非定型問わず日々出力し続ける多くのアウトプット資産を汎用的に有効活用したい。
そんなデータ活用・連携、帳票マイグレーション、アウトプット マネージメント、クラウド連携の要望に幅広くお応えします。

e-SYOHSIとは

システム連携の自動化基盤 【サーバー型】

システム連携の自動化基盤を構築支援するソフトウェア群です。業務効率化に向けたシステム構築に役立ちます。
e-SYOHSIシリーズが提供する連携インタフェース、データ加工/コード変換/処理制御、アウトプット制御でシステム間連携における安定した基盤を構築できます。

e-SYOHSIシリーズ

このシステム基盤をベースにした連携パートナー製品とのバリエーション豊かな組み合わせは、業務要件や運用要件の変化・拡張にスムーズに対応でき、長期にわたって運用できる統合的なアウトプットマネージメントシステムの構築へと導きます。

インプット制御[Service]
製品名 概要
e-SYOHSI Command Executor Windowsフォルダ へのファイル到着を監視し、流量制御や排他制御のもと任意のコマンドを自動実行する制御システムです。
e-SYOHSI Spool File Download 帳票データの受信/加工、後続システムへの連携を制御する制御システムです。

データ変換・加工[Plugin]
製品名 概要
e-SYOHSI CSV Creator 帳票データから文字列を切り出し、CSVデータを生成するプラグインです。
専用のデザインツールで簡単に設計できます。
e-SYOHSI File Mixer CSVデータの並び替え、抽出、分類、合成、結合、文字コード変換やテキストファイルの編集加工など30種類以上のデータ加工をサポートするコマンド形式のプラグインです。
バッチスクリプトへの組み込み等、自由度高く処理ステップを構築することができます。
e-SYOHSI TEXT Formattor CSVデータを入力に帳票プレーンテキストを設計・生成するプラグインです。
専用のデザインツールで簡単に設計できます。
e-SYOHSI Report Convertor 帳票設計/生成/変換するプラグインです。用途に応じた下記製品バリエーションです。
/TEXT
帳票プレーンテキストを入力に帳票設計し、PDF生成、Windowsプリンター出力します。
専用のデザインツールで簡単に設計できます。
/SCS
IBM i のSCS帳票(APW可)データを入力に帳票を再現し、PDF生成、Windowプリンター出力します。
/LINE
メインフレームの帳票データを帳票プレーンテキストに変換します。

※プラグインは、バッチコマンド形式で動作するソフトウェアです。単体での利用も可能です。

アウトプット制御[Plugin]
製品名 概要
e-SYOHSI Adaptor Webサービスが公開するWeb APIに接続するプラグインです。
特定のWebサービスとのSOAP通信に加えて、様々なクラウドサービスが公開するREST APIとの汎用的な接続に活用できます。
e-SYOHSI Mail Transfer コマンド実行形式でメール送信するプラグインです。

※プラグインは、バッチコマンド形式で動作するソフトウェアです。単体での利用も可能です。

デスクワーク業務の自動化 【デスクトップ型】

PC環境で使用するデスクワーク用の支援ツールです。
業務ファイルの処理において、繰り返し作業が生じるような作業の煩雑性の解消、作業ミスの防止、作業負荷の軽減に役立ちます。

img_e_syohsi_04_r7.png

蓄積した複数のファイルに対して、一度の要求で定型処理を順次実行するための画面ツールです。 シンプルな操作インタフェースですので、導入後すみやかにご利用いただけます。


  • 業務アプリケーションや汎用ツールへのファイル渡しを一括要求
  • クラウドサービスへのファイルアップロードを一括要求
  • e-SYOHSIシリーズ(インプット制御)へのファイル投入前のチェック作業と一括投入
  • RPAで作成した大量ファイルを要求先へ一括連携
製品名 概要
e-SYOHSI Requestor 蓄積した複数ファイルを入力に一括実行要求を行う画面ツールです。用途に応じた下記製品バリエーションです。
for Job
任意のコマンド登録による自動実行ができます。
for REST API
Webサービスが公開するWeb APIに接続します。様々なクラウドサービスが公開するREST APIとの汎用的な接続に活用できます。
for Master+
コクヨ株式会社の「@Tovas Master+」へファイル送信要求します。

構成例

帳票出力のオープン化、電子化、配信およびWebサービス接続

基幹系業務アプリケーションへの変更を最小限に留め、帳票処理を従来通り運用しつつ帳票マイグレーションを行いたい!
最小限のコストと期間で実施する帳票マイグレーションでは、印刷データの配置や編集を基幹系に残し、オープン環境の多種多様で安定したソフトウェアとの連携が効果的です。帳票デザインの刷新や、PDFファイルの生成、自動FAX、メール添付送信および帳票出力管理といった帳票基盤を低リスクでスピーディーに構築できます。
また、テレワークの普及など職場環境の変化に伴い、書類等の発送業務においても益々自動化が進んでいます。特にWebサービスとの連携によって、人手による発送業務からの解放、業務負荷軽減、費用削減、送達履歴の把握によるトレーサビリティの確保といった効果が期待できます。

帳票出力のオープン化、電子化、配信およびWebサービス接続

2種類の受信経路(インプット制御)

サーバー型での上流システムとe-SYOHSI環境をつなぐデータ連携経路は2パターンです。

経路1
受信製品:e-SYOHSI Spool File Download
基幹システムからのLPR印刷方式による帳票出力データを受信します。
Windows環境でLPDサービスとして動作しデータ通信と加工保存を行います。
複数のプラットフォームからの複数の要求を並列受信でき、個別のデータ・帳票毎に処理バリエーションを選択することができます。
経路2
受信製品:e-SYOHSI Command Executor
ファイル到着監視によるデータ連携経路です。
リクエストフォルダへファイルを保管するだけで登録ジョブの実行制御を行います。

※単一のOS環境上に両経路を共存して構築することができます。

帳票を作る

簡単・シンプルな帳票出力

印刷管理のための高度な仕組みや、複雑な帳票デザイン(リフォーマット)は不要で、できるだけ安価かつ速やかに構築します。

簡単・シンプルな帳票出力

自由度の高い帳票、既存の帳票ツールの活用、高度な出力管理

連携ソリューションにより、自由度高い帳票の生成と出力管理を実現します。

自由度が高い帳票、既存の帳票ツールの活用、高度な出力管理

帳票を保管する

帳票の電子化

紙出力から電子管理への刷新は、エンドユーザーの業務効率化やデータ利用の促進(2次加工)、紙やトナーあるいは専用プリンターなどの印刷資源や資産の削減、帳簿類の保管スペースの削減など、様々な目に見える効果が期待できます。
手軽で幅広く活用できる電子ファイル化(PDF等)に対するニーズはとても高く、基幹システムからの出力運用を活かした上での自動運用が増加しています。また、電子帳票システムの導入は「個人情報保護法」など情報セキュリティの観点からも、情報公開における安全で厳格な管理手段として注目を集めています。

帳票の電子化

データを加工する

CSVデータ加工の自動化

デスクワークでの業務システムから基幹系システムに至るまで各種プラットフォーム環境が混在する中、共通利用できる シンプルなデータフォーマットの代表として 『CSVデータ』 が広く活用されています。
各システムが要求するフォーマットの相違や、シーケンスデータのバリエーション、データレコードの抽出や除外といったシステム間データ連携の為のデータ加工処理を行います。

CSVデータ加工の自動化

IBM i のDBファイルをCSV変換

IBM i 環境でのコマンド要求で、IBM i データベース・ファイル(IBM DB2 for i)のデータを送信し、CSVファイルを自動生成します。

IBM i のDBファイルをCSV変換

転送データの文字コードを自動変換し、データタイプに基づいてCSV形式に自動フォーマットしますので、複雑で面倒な事前定義もなく簡単に利用することができます。
Windows向けソフトウェアでのデータ活用を検討される中、「CSVファイルさえあれば、後は簡単にデータ活用できるのに!」といったシステム構築に役立ちます。

配信する

配信業務の自動化

PDFファイルやその他様々なファイルの配信を安全かつ的確に送付するための自動配信基盤を構築します。

配信業務の自動化

帳票を回覧する

ワークフローへ自動起票

帳票出力をトリガーにワークフローシステムへの自動起票を行います。PDF帳票を添付した自動起票により社内帳票の回覧にも役立ちます。

ワークフローへ自動起票

Webサービスに接続する

WebサービスのREST API接続

Webサービスが公開するREST方式のWeb APIへ接続します。

WebサービスのREST API接続

デスクワーク業務の支援

ローカルフォルダや共有フォルダを活用したファイル処理の一括要求に役立ちます。

デスクワーク業務の支援

連携ソリューション

帳票仕分けシステム

富士通ホスト接続ソリューション

クラウドサービス

導入事例

ノーリツエレクトロニクステクノロジー株式会社様

ノーリツエレクトロニクステクノロジー株式会社様

紙帳票配送の電子化による処理効率のアップとコストダウンを実現

株式会社ノーリツ様

株式会社ノーリツ様

複数システムからのFAX送信を統合し、標準化と安定稼働で運用工数とコストを削減