T社(電機機器メーカー)様

T社(電機機器メーカー)様

SAP R/3で基幹システムを再構築、リアルタイム経営を実現

導入のきっかけ

システム間の連携がとれず非効率が発生

ブレーカーや船舶・産業用制御配電盤のメーカーであるT社様では、生産系と販売系のシステムが別々に管理されていたためデータの整合性がとれなかっただけでなく、顧客の注文への即時対応も難しく、そのため見込み在庫を多く抱えざるを得ない状況でした。また、販売系システムと会計システムとの連動性も悪く、財務の締め処理に20日も要していたため、トップが経営状況を把握し意志決定を下すまでかなりのタイムラグが発生していました。こうした状況を改善するため、T社様ではERPの導入を検討され、IBM様を通じて当社にご相談をいただきました。

R/3による基幹システムの一元管理を提案

お客様の課題解決のため、当社はSAP社の統合業務パッケージソフト「R/3」を使った基幹システムの再構築を提案しました。導入に先だちR/3の機能と現行業務との適合性を分析した結果、基本的にR/3が標準機能として持つモジュールのカスタマイズによりシステム最適化が実現できるとの結論が得られたため、できるだけ標準機能を活用する方向でシステム構築を進めていくことになりました。プロジェクト推進に際しては、工場や営業所など関係各部門への説明に当社のSAPジャパン公認コンサルタントも参画させることにより、全社組織と業務の流れを把握した上で全体最適を目指したシステム構築を行いました。

ソリューションの概要・特長

密接なパートナーシップでプロジェクトを推進

R/3の各パラメータ設定では、現行業務とのすりあわせや改善の方向に関してお客様と密接なコミュニケーションを取りつつ作業を進めていけるかどうかが大きなポイントです。T社様の場合、トップダウンによるしっかりとしたプロジェクト推進体制を敷かれていた上に、当社との強い信頼関係を結んでいただいたため、非常にスムーズな導入支援を行うことができました。また、標準機能をベースとしたカスタマイズであったため、開発期間・コストを抑えることができました。

基幹システム統合からSCMへの展開をめざす

R/3導入によって、従来20日かかっていた月次決算時間が3日にまで短縮できただけでなく、経理部門の人員削減や部門間をまたがる管理要員にかかるコストも削減できました。また生産部門・販売部門を統合したリアルタイムでのデータ活用により在庫幅が圧縮でき、正確な納期回答も可能になりました。さらにキャッシュフローがリアルタイムに明確化されたことで確実な売上回収も可能になりました。基幹システムの統合を実現したT社様では、今後さらに子会社・仕入先を含めたSCMへの取り組みを進めておられます。

機器関連フロー図

導入された企業様

T社(電機機器メーカー)様

導入したソリューション&サービス

導入事例に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求 

関連する導入事例