コベルコシステムからのメッセージ デジタルトランスフォーメーション(DX)と「2025年の崖」

~SoEとSoR、両利きの経営で崖を越えよう~

コベルコシステム株式会社 代表取締役社長 田野 美雄

昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)への注目度が高まっています。そして企業はDXへの投資において、AIやクラウドといった先進技術より、基幹システムの改良・刷新により積極的との市場調査レポートがあります。 ではなぜ企業は基幹システムの近代化を目指すのでしょうか?

続きを読む

景気低迷が叫ばれて久しいですが、国内のIT予算増加率は意外にも世界平均を上回っています。それも、クラウドやAI、セキュリティなどの先進技術だけでなく、基幹システムの改良・刷新により積極的との市場調査レポートがあります。その背景としては、デジタル時代だからこそレガシーシステムの開発・保守に関する生産性の向上が求められるという点があります。各企業はデジタル変革の潮流に取り残されないため、Systems of Engagement(SoE)と称される顧客関係性を簡便に構築・強化できる技術への取り組みを本格化させています。しかし、デジタル変革を推進すれば当然、基幹システム(Systems of Record:SoR )も変更を余儀なくされますが、SoEの要求スピードにSoRが従来の生産性では追いつけなくなってきているのです。
そこで、自動化ソリューションや高速開発によってこうした課題を解決しようという動きが出てくるわけですが、これらの活用はレガシーシステムの近代化が前提となります。しかしながらその動きはまだ一部にとどまっており、経済産業省はDXが進まない理由として基幹システムの更新が遅れている点を挙げ、これが原因で2025年以降に大きな経済損失(最大12兆円/年)が発生すると警告しています。いわゆる「ITシステム2025年の崖」※1です。

※1: DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
http://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

ほかにも、電力・ガスの法的分離への対応やSAP ERPの現行版のサポート終了などが控えていることもあり、今後日本では基幹システム再構築の大きな波が来ると思われます。特に日本の製造業はSoEとSoRの双方に大きな投資をしようとしていますが、ここで重要なのがバランス感覚です。SoRは現行の再構築ですので範囲もわかりやすく、予算さえ確保できれば進めやすいのですが、SoEはデジタル人材の不足もあって予算があってもなかなか前に進まない傾向があります。だからといってSoRばかりに注力し、SoEへの投資や人材育成を怠っていては、ビジネスの衰退を招いてしまいます。
早稲田大学ビジネススクールの入山章栄准教授は、著書※2の中でイノベーションの絶対条件として「両利きの経営」を示していますが、これは高い次元で左右のバランスをとる経営を意味しています。そして今まさに、SoEとSoRは両利きの経営を必要としています。当社はSoEとSoR刷新の両面からお客様の経営を支え、ともに崖を越えていきたいと考えています。

※2:入山章栄『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』日経BP社,2015
閉じる

AI(⼈⼯知能) 画像認識ソリューション

「Deep Learning 」型 AIの活用で製造業の現場をよりスマートに!
さらなる品質/生産性/安全性の向上を実現する

AI(人工知能)は人間の脳を模倣し、人間と同じように“推論”ができます。中でもDeep Learningを活用した画像認識AIは、画像に写っているものが何であるかを分類すること(画像分類 )、画像から特定の物体を検出すること(物体検出)が可能なため、製造現場の品質/生産性/安全などが求められる分野での適用が期待されています。

■画像認識AIによる製造業のデジタル改革が始まっています

■Deep Learningが特徴を自動抽出し、新たな気付きを与えてくれます。

■Deep Learning型のPowerAI VisionでAIの活用をお手伝いします

「画像認識ソリューション」をもっと詳しく知りたい

ビッグデータ/分析 データ分析支援サービス

製造現場の保全・保守をスマートに!
データサイエンティストによる『予防保全/予防保守』実現をご支援

統計解析や機械学習が⾏えるツールを使⽤して、機器・設備の予防保全、品質管理、需要予測などの分析を⽀援するサービスです。
例えば、予防保全では要因分析や予測分析を⾏い、先を⾒越して⾏動をとることで不良品や故障の発⽣を未然に防ぐことができるようになり、コスト削減や⽣産性向上につながります。

「製造業様向け予測分析ソリューション」をもっと詳しく知りたい

IoT基盤 IoT プラットフォームサービス

お客様のIoTを活用したビジネス改革をナビゲート!
機器接続、回線、データ蓄積、データの可視化・分析をトータルでご支援

これからIoTを始められるお客様に「製品や現場装置との接続支援→IoT回線の提供→データ収集/蓄積/保管→可視化」のノウハウを提供し、データ分析支援と併せて、課題解決や新たなビジネスモデルの検討をご支援します。

「IoTインフラプラットフォームサービス」をもっと詳しく知りたい

スマートファクトリー MESテンプレート

製造・物流現場をスマートに
『実行系テンプレート』で生産性向上/ペーパーレスを実現

コベルコシステムが製造・物流現場で培ったハンディ・ソリューションを基幹業務ソリューションHI-KORTと有機的に連携し、ERPのみでは解決できない課題を解決します。

■基幹システムとの連携にて製造・物流現場の効率化と人的ミスの削減を実現します

■製造・物流現場のモノ(部材・仕掛品・製品)と業務 の流れを「見える化」します

■mcframeと連携したテンプレート事例

SAP&mcframeと連携したテンプレートを整備、お客様に最適な生産ソリューションをお届けします。

コベルコ建機株式会社様の取り組み事例

製造リードタイムの⼤幅な短縮、エンジニアリング・チェーンの改⾰、⼯場情報の⼀元化、徹底した標準化による⾃動化の促進を⾻⼦とする「END TO END」でのデジタル⾰命の推進

■ デジタル・マニュファクチュアリング

設計3Dデータと連携して、仮想空間にプロセスツリーを構築。さまざまな検証を通じて、安全かつ確実に組み立てられることを保証した標準作業手順を確立。
これらを設計とコンカレントに推進できる環境を構築し、製造不具合による手戻りの大幅な削減に取り組む。

■ 3D組立指示

確立した標準作業手順は、3Dで現場に配信。
作業者はコマ送りで工程 順序を正確に把握。

■ 工場の可視化

混流生産により複雑に組み合わされた作業が展開する工場において、さまざまな情報を収集・分析し、能動的 かつ永続的な改善活動につなげる。
✓ 材料・加工・機器シリアルの自動読み取り、トレーサビリティの強化
✓ 設備・工具との連携による作業の着手・完了の自動取得とリアルタイム表示
✓ 加工/締付実績、検査/性能試験/出荷チェックなど品質記録の管理強化

「製造・物流現場最適化ソリューション(MES)」をもっと詳しく知りたい

キーマンインタビュー コベルコシステムのDXへの取り組み

~コベルコシステムと⼀緒にデジタル変⾰を進めませんか!~

コベルコシステム株式会社 常務取締役 技術開発本部 本部⻑ 林 ⾼弘

皆さんがよくご存じのように、ここ数年のIT技術の進展には⽬を⾒張るものがあります。それゆえ現代は、製品そのものの良さに加え、IT活⽤の巧拙が企業の競争⼒を左右する世の中となりました。
近ごろは「ウチのDX活⽤はどうなっているのか︖ と経営幹部から尋ねられるが、まだ取り組めていない」「DXに取り組みたいが、どこから始めていいのかわからない」といった声を聞きます。そんなお客様のスタートアップを我々がご⽀援させていただきます。
コベルコシステムは、神⼾製鋼グループを始め、少しずつですが着実に事例を積み上げつつあります。少し前までは⼀部の⼤企業での試⾏レベルでしたが、その後、⽐較的規模の⼩さな企業での活⽤も浸透しつつあると実感しています。 DXを進める中でカギとなるのは、「基幹システムとのシームレスな連携」です。
DXで効果を挙げておられる企業はすべて、基幹システムと接続し、製品の設計、オーダー、物流、会計などの⾯で連携されています。コベルコシステムは製造業を中⼼に、基幹システムの構築でも⼤きな実績を残しており、この両⾯からサポートすることが可能です。さあ、我々と共にDXを進めましょう。

HI-KORT4.0 DX PDF版 パンフレット(4.28 MB)

資料ダウンロード

デジタル⾰新(DX)で攻めのITと守りのIT!

AI/IoT 時代の製造業を⽀えるソリューション群

HI-KORT4.0 DX
PDF版 パンフレット(1.16 MB)
コベルコシステムを選ぶ理由