• 東京
  • 【受付中】

令和時代のシステム大改革!
【金融関係の皆様へ】レガシー資産を有効活用した改革の進め方

開催日:2019年07月19日
主催:コベルコシステム株式会社
協賛:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、住友電工情報システム株式会社(順不同)

本セミナーでは、コベルコシステム、伊藤忠テクノソリューションズ、住友電工情報システムの3社の実績から 1)「2025年の崖」に立ち向かえ!確実なシステム刷新による事業継続性の確保、2)なぜ既存システムのクラウド化が進まないのか?、3)DX時代の基幹システム再構築からワークフローによる業務効率化まで をテーマにご紹介します。

「2025年の崖」という言葉をよく耳にするようになりましたが、2025年には基幹業務システムを20余年以上使用している企業の割合が6割に及ぶと推測されています。企業においては事業継続性確保のため、システム全体の見直しが求められています。
近年、システムのWeb化が進みJavaを中心としたオープン系言語がトレンドとなっており、ホストシステムを構成するCOBOLやRPGによるシステム運用を継続する場合、その運用費用も負担になりつつあります。
また、「FISC安全対策基準」が見直されたことで、金融業界でもクラウドファーストに移行しつつあります。クラウド環境も日々進化し、新たなサービスが次々と登場しています。新たな基盤でシステムを構築するにあたり、目的に合ったクラウドサービスを選択し「上手に使いこなす」ことが重要となります。
本セミナーを通じて、システムを効率的に最新化するためのヒントを、是非お持ち帰りください。

このセミナー・イベントへのお申込み

定員に達した場合は締め切らせて頂く場合がございますので予めご了承ください。

プログラム

13:30~13:40 はじめに
13:40~14:20 「2025年の崖」に立ち向かえ!確実なシステム刷新による事業継続性の確保
コベルコシステム株式会社
数多くのシステム再構築に携わり蓄積されたノウハウを基に、金融業界の事例を交えながらシステム刷新の進め方とQCDを担保するアセットをご紹介します。これからのシステム改革のヒントとなれば幸いです。
14:20~15:00 なぜ既存システムのクラウド化が進まないのか?
~クラウドシフトを阻む「3つのハードル」~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
次期インフラ基盤を検討する際の流れとして、まずはシステムの現状分析を行い、インフラ基盤を選定し、コスト試算を行います。
ここにクラウドという選択肢が増えると、これら作業はより一層煩雑化します。現状分析やクラウド含めたインフラ基盤選定に役立つノウハウと、1ヶ月で完了可能なCTCのクラウドシフトアセスメントを紹介します。
15:00~15:10 休憩
15:10~15:50 DX時代の基幹システム再構築からワークフローによる業務効率化まで
~楽々Framework3/楽々WorkflowII を使って自前でらくらくWebシステム開発~
住友電工情報システム株式会社
デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流によって、基幹システムにも大きな変革が求められています。最新の高速開発ツールはシステムリビルドの可能性を大きく広げます。
また、働き方改革に取り組む企業が、業務の見える化や時間短縮、経費削減の施策としてワークフローの導入が進んでいます。なぜ楽々WorkflowIIなのかをお教えします。
15:50~16:00 質疑応答・クロージング
16:00~16:30 個別相談会 ※事前申込制

開催情報

日時 2019年07月19日 13:30~16:30(受付 13:00~)
参加対象者 レガシーシステムの刷新に課題をお持ちの方
金融系システムを効率的に最新化したい方
定員 60名
参加費 無料・事前登録制
会場

伊藤忠テクノソリューションズ 霞が関オフィス
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル(受付20階)

・東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 11番出口・・・徒歩2分、5番出口・・・徒歩3分
・東京メトロ 丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 A13番出口・・・徒歩5分
・東京メトロ 南北線 「溜池山王」駅 8番出口・・・徒歩9分

このセミナー・イベントへのお申込み

定員に達した場合は締め切らせて頂く場合がございますので予めご了承ください。

セミナー&イベントトップ