PLM

PLM

製造業の企業力強化として、製品開発力の強化支援と製品の情報管理及び情報開示による収益力強化を狙う。

概要

経営課題

次世代戦略を築き上げるためには?

製造業における「ものづくり」の空洞化が進む中で、今製造業は新たなものづくりのフレームワークが 必要とされています。従来製造業は製品設計と生産技術を核とし、現場の積上技術が強さの源で あり、製品開発の観点から見ても設計、生産技術、製造技術の各部門が中心となって「良いもの づくり」に取り組み、それが企業の利益に直接反映される時代でした。 しかし、IT技術が高度な発展を遂げる現在では、「良いものづくり」だけでなく、新たな取組みを加味し、 製品開発競争に挑まなければならない時代になっています。 つまり、「良いものづくり」という商品そのものに着目するだけでなく、「良いものづくり」を継続的に生み 出すプロセス、環境、仕組みへの取組みが重要になってきており、それが次世代の「ものづくり」戦略を 築き上げる源となります。 また、中国を初めとしたオフショアの活用も非常に重要な課題であり、設計-製造を結ぶ情報インフラ なくして効率的な経営が出来ない状況になっています。 そこで、今新たな「ものづくり」の為の設計情報インフラとして、PLM(Product Lifecycle Management)が 重要になるのです。

機能・特長

課題解決&導入効果

PLMソリューションは、「ものづくり」の企画段階から設計・開発、ものづくり現場、販売・サポートまで、製品の誕生から廃棄まで全ての生涯工程において製品情報を効率的に作成/管理し、次世代の開発設計・製造環境を構築していく為の戦略を促すソリューションです。PLM導入で製品設計に関する情報を効果的に管理/開示/活用することで次のようなメリットを得ることが出来ます。例えば、営業支援の場面では、製品のコンフィギュレーション管理を効果的に行い迅速かつ正確な見積作成の支援を行う事で、受注機会が大幅に拡大します。製品の保守の場面では、不具合部品を的確に判断し対策を行う事で、顧客の信頼をより強固な物にすることが出来ます。

このように設計部門とその他の各部門の情報連携を密なものにする事で、お客様と成因開発部門が1対1の関係を持つことが出来、お客様中心の製品開発につなげることが出来ます。つまり、「ものづくり」においてお客様のニーズを中心とした製品開発を実施出来る仕組み持つ事、それこそが勝ち組企業になる為に必要な条件であるといえます。

弊社PLMソリューションは、こういった悩みをお持ちのお客様にとって、きっとこの新たなステージと戦略を築き上げる一助になると自負しております。

plm

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求