Aras Innovator + PLM テンプレート

Aras Innovator + PLM テンプレート

PLM と ERP の連携ソリューションです。製品開発プロセスの高度化とE-BOM を軸にした設計情報の統合管理を実現し、企業競争力を強化します。

概要

製造業において、近年PLM(Product Life-cycle Management)の採用が増加しています。導入の主な目的は、業務プロセスの効率化、イノベーションの促進、グローバルに広がった製造拠点間でのコラボレーションのサポート等です。そして、PLMを導入した企業では、業務の効率化と製品の品質向上のために、PLMとERPを連携させることにより、製品のライフサイクル全体にわたって製品関連情報を統合的に管理し、企業競争力を強化することを目指しています。

しかし、PLMの利用実態に目を向けると、未だ多くの課題が存在しています。
E-BOMを軸とする製品関連情報の管理には、下記のような改善すべきポイントがあります。

E-BOMを軸にする製品関連情報管理の課題

製品関連情報管理の課題の中で、特にPLM~ERP連携(E-BOM~M-BOM連携)の課題を解決することが企業経営の観点からの急務となっています。
PLM~ERPの円滑な連携は、設計製造プロセスのリードタイムを短縮するだけでなく、仕様変更や設計変更への対応力を高めて、企業の競争力を向上させるからです。

  1. 膨大な設計関連情報の管理
    技術文書の一元管理、情報活用のための高度な検索、履歴・ステータス管理
  2. 製品仕様・諸元情報の管理
    仕様の入力と蓄積、ルールの改訂
  3. BOM管理
    部品表の一元管理、技術情報の一元管理、設計変更(設変)管理
  4. PLM~ERP連携(E-BOM~M-BOM連携)
    設計データと基幹システムの連携
  5. プロジェクト管理
    個別・全体プロジェクトの計画、進捗管理、成果物と連携した管理

E-BOM~M-BOM間の連携における課題

  1. M-BOM構成を入力するための適切なユーザインターフェース(UI)が存在しない
  2. 設変の実施時期を調整するための仕組みが存在しない
  3. 設計側から見て出図後のプロセス把握が困難
  4. 原価や在庫情報のフィードバックが困難 
Solution

「Aras Innovator + コベルコシステムPLMテンプレート」

コベルコシステムが提供する「Aras Innovator + コベルコシステムPLMテンプレート」による設計業務改革ソリューションは、現状のPLMが抱える課題と、E-BOM~M-BOM間の連携における各種課題を解決します。
PLMとERPとの連携には、コンサルティング~連携機能開発・導入までを含めた「PLM ERP連携サービス」を活用することができます。

img_plm-erp02_r01.jpg

機能・特長

Aras Innovator®:オープン・アーキテクチャのエンタープライズPLM

img_plm-erp04.jpg

「Aras Innovator®」は、オープン・アーキテクチャビジネスモデルを持つエンタープライズPLMです。
ダウンロードしてライセンスフリー(無料)で使用できるため、初期導入におけるコスト面でのハードルを下げることが可能です。さらに柔軟なカスタマイズ 性・拡張性を持ち、製造業のお客様の業務環境を支えるPLMプラットフォームとして、グローバルで多くの企業に採用されています。

Aras Innovator® の特長

直観的で統一感のあるUI

全ての情報(アイテムタイプ)について、統一されたUIを介して参照することができます。

情報の連続性確保

全てのデータは、共通性のあるP/N・P/S形式で表現されているため、他システムとの連携やAras Innovator®内でのデータ連携が非常に容易に実現できます。

容易なカスタマイズと環境構築

簡単な機能変更や表示変更であれば、プログラミング作業を必要とせず、設定変更レベルでカスタマイズすることが可能です。

Aras®プレミアム・サブスクリプションによるアップグレードサービス

プレミアム・サブスクリプションを購入済みのお客様には、リモート経由でのAras®アップグレードサービスが提供されます。お客様が個別に作成されたカスタマイズ部分もサポートされます。
Aras Innovator®は、オープン・アーキテクチャ を採用し、一般的なPLM製品では真似ができない、ライセンス費用削減のビジネスモデルが実現されています。

コベルコシステムPLMテンプレート:業務ノウハウを盛り込んだソリューション

コベルコシステムPLMテンプレートは、「プロトタイプベースの自立成長型システムの構築」を実現するためのメソドロジーならびにベストプラクティスが盛り込まれたテンプレートです。

コベルコシステムPLMテンプレートの特長

ビジネスの変化に迅速に対応

コベルコシステムPLMテンプレートでは、ベンダーに依存することなく、お客様自身が主体的・自立的に変更できるシステムを実現します。たとえば、画面レイアウトや表示項目、帳票設計などについては、プログラミング作業を必要とせず、設定変更レベルで対応できます。

プロトタイプで品質を向上

コベルコシステムPLMテンプレートを使用することで、プロジェクトの早期段階からプロトタイプを使って結果を確認することができます。
テンプレートを活用したプロトタイプのアプローチにより、プロトタイプ開発→検証→仕様確定というサイクルを回し、より業務にマッチした機能までシステムを高めることができます。

短期間でのシステム導入

コベルコシステムがお客様のシステム構築で培った様々なノウハウや経験が盛り込まれた各種テンプレートを活用して、自社システムにおける要件とのFit & Gapを実施することで、自社開発に比べて、短期間でシステムの導入を実現することができます。

PLM ERP連携サービス:コベルコシステムのノウハウに基づく実装サービス

PLM ERP連携サービスは、お客様の業務や運用の実態に合わせた実装サービスです。ERP製品に関わるコベルコシステムの長年の経験とノウハウを活かし、実際 のシステム分析から連携に向けたコンサルティング、さらに開発および導入支援という一連のサービスを提供します。

Aras Innovator + コベルコシステムPLMテンプレートを適用した製品ライフサイクル管理

Aras Innovator + コベルコシステムPLMテンプレートを適用した製品ライフサイクル管理

自立成長型プラットフォームで製品開発プロセスの高度化を実現

製品開発プロセスの高度化

業務改革といえば「効率化」に視点が行きがちですが、変化の激しい市場環境で勝ち残っていくためには、企業の技術力を仕様・諸元レベルで見える化・標準化し、それらを最大限に活用できる製品開発プロセスに改革する(=「高度化」)ことが重要です。

要求仕様 ~ 仕様決定の道筋(デザインルール)を明らかにする

案件での設計結果を活用可能な技術として蓄積し、製品開発力強化に繋げるためには、設計開発における手順や基準を明確にする必要があります。しかし、設計開発へのインプットとなる要求仕様や開発仕様が、曖昧・属人的だと設計結果も曖昧なものとなります。
製品開発プロセス高度化を実現するために、設計開発の上流となる要求仕様~開発仕様の整備・体系化が最も重要です。

自立成長型システム

製品開発プロセスプロセスを高度化することは、手順・基準・標準を「守らせる」ものではなく、「変えていくもの」だという意識をユーザに根付かせていく必要があります。
Aras Innovator®は「お客様のビジネスをソフトウェアに合わせるのではなく、ソフトウェアをビジネスに合わせていく」という特長を持っています。柔軟性 の高いテクノロジープラットフォームを活用すれば、ユーザ自身でシステムを改良し、将来の変化、業務の変革に追随するシステム構築が可能です。

※Aras Innovator®の詳細は、Aras PLMソフトウェアをご覧ください。
※Aras®およびAras Innovator®は、Aras Corporationの登録商標または商標です。

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求 

関連するソリューション&サービス