製造・物流現場最適化ソリューション(MES)

製造・物流現場最適化ソリューション(MES)

ERPパッケージの導入のみでは製造現場の最適化や効率化は不十分です。独自テンプレートとの有機的連携で課題を即座に解決します。

概要と特長

ここ数年製造業では、ERPパッケージの導入が急速に発展し情報管理の一元化・見える化等、経営管理の視点において効率化が図られている一方で、実務作業の観点ではより一層複雑さが増しています。
コベルコシステムの製造・物流現場最適化ソリューション(MES)は、無線ハンディターミナルを用いた各種機能群を提供し、「3つの見える化」と「3つの追える化」によってERP+製造・物流現場最適化ソリューション(MES)の有機的連携により製造・物流現場の課題を解決します。

img_mes01.jpg

スクラッチ開発よりも短期間、低コストでの導入が可能

  1. 在庫の管理単位に即した作業指示とハンディ端末を利用した作業により、業務を効率
  2. 問題を「見える化」し、人の作業ミスを防止(品番・シリアルの間違い防止、先入先出の徹底など)
  3. 無線ハンディ端末による実績入力にて、現場の状況をリアルタイムに把握
  4. 上位システム(ERPなどの基幹システム)に依存しない設計

製造・物流現場最適化ソリューション(MES)機能範囲

ERPシステムにおける出荷管理、在庫管理、製造管理、品質管理と有機的な連携を実現します。

製造・物流現場最適化ソリューション

導入効果

3つの「見える化」実現と効果

3つの「見える化」実現と効果

現場KPIの「見える化」

原価差異、リードタイム、達成率など現場KPIに必要な情報を即座に把握し意思決定を速めます。

  • 売上はどのような状況か
  • 原価差異はないか
  • 計画通り製造出来ているか
  • 最新の在庫状況が見たい
  • 販売実績が見たい

状況の「見える化」

人の作業の異常を見える化し作業ミスを防止します。

  • 工程進捗、出荷進捗の状況は
  • 今日の入庫予定は予定通りか
  • 納期通り、完成しているか

問題の「見える化」

他事業所、他部門などの計画・進捗状況を可視化し、生産・販売プロセス全体の効率化を図ります。

  • 人的ミスはないか
  • 工程ロスはないか

3つの「追える化」実現と効果

3つの「追える化」実現と効果

ロットの「追える化」

材料入庫から製品出荷までの一連のロットトレースを即座に実現します。

現場で物の「追える化」

ERPでは情報の管理が伝表などオーダ単位であるが現場では、箱単位などでの管理、追跡が必要である場合、MES側で現場の管理粒度を実現します。

作業の「追える化」

人の作業エラー情報を保管し、追跡や分析を行えるようにすることで根本的な問題解決に繋げます。

img_mes05.jpg

成功の勘所

ERPシステム+実行系システム成功の勘所

役割を考慮し、有機的に連携させる

単に連携させるだけでなく、それぞれの役割を考慮し、有機的に結合させることで全体最適化を目指します。
 例)在庫はERPのみで管理することにより、双方の在庫を合わすための苦労は不要
実行系システムは、現場とERPの橋渡し役であり、現場の管理粒度実現を優先します。
 例)トータルピッキング、ピッキング実績/検品実績、伝票ではなく箱単位や現品での管理etc

実行系システムは現場業務の標準化を目指します

実行系システムはトップダウンアプローチにより、ERPを含めた全体最適と現場業務の標準化を目指します。
利点)

  • 新しい製造拠点への展開において、短期導入とコスト削減が見込める
  • 個別対応が不要となりシステム部門の運用保守コスト削減が見込める
  • 拠点ごとのカイゼンを全社展開することが可能となり全社の効率化につながる

システム構成例

img_mes07.jpg

導入事例

カネヒラ鉄鋼株式会社様

カネヒラ鉄鋼株式会社様

鋼材単品管理システムの開発

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求