Javaフレームワーク KoFraJ

Javaフレームワーク KoFraJ

Javaを使ったシステム開発において大幅に開発生産性を向上させるWebアプリケーション・フレームワークです。

概要

KoFraJ(コフレジェー)とは

KoFraJ(コフレジェー)はKobelco Systems Framework+Java の略称で、Javaを使ったシステム開発において大幅に開発生産性を向上させるWebアプリケーション・フレームワークです。
KoFraJはビジネスロジック(Model)とデザイン(View)を分離し、管理(Controller)を行うMVCアーキテクチャに基づき設計されています。MVCアーキテクチャではビジネスロジックはModelに実装し、画面出力などはModelでは行なわないで、Viewで行なわれます。ユーザからの入力はControllerが受け取り、何らかの処理が必要な場合はModelに依頼し、出力が必要な場合はViewに依頼します。このような機能ごとに明確に分離されたアーキテクチャーにより、開発作業の分業が容易になり、また、互いに仕様変更の影響を受けにくくなります。
KoFraJを利用すると画面遷移やデータ項目・コントロール処理などはドキュメントから自動生成されるため、ビジネスロジックのみのシステム開発が可能となります。
KoFraJが提供する充実した機能により開発工数が削減でき、開発期間短縮が可能になります。また、システムの保守性・拡張性・再利用性も高まります。
Javaでスクラッチ開発を行うお客様に活用いただけます。特に、開発工数を抑えたい、開発スピードを速めたい、開発品質を均一化したいお客様に最適なフレームワークです。

導入効果

  • 開発工数の削減 :

開発・テストの高い生産性により、開発工数が削減できます。

  • メンテナンス性の向上:

開発者はビジネスロジックの設計・実装に注力でき、システムのメンテナンス性が高まります。

  • 品質の均一化:

フレームワークが提供するライブラリーを通じて開発することで、コーディング・ルールが統一されます。

導入実績

  • すでに電子部品メーカー等で実用され、その効果が認められてます。

提供方法

  • スクラッチ開発用の限定ライセンスとしてご提供いたします。(概算費用はお問い合わせください)


※KoFraJは、コベルコシステム株式会社の登録商標です。

機能・特長

特長と提供機能

  • 充実した機能により、業務部分のみのシステム開発に注力可能となります。
  • フレームワーク上での開発ルールを開発者が短期間で習得可能となります。
  • 中小規模開発(1億円未満)のフレームワークとして重くならないように配慮しています。
kofraj

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求