システム基盤運用アウトソーシング (ITSO)

システム基盤運用アウトソーシング (ITSO)

管理や運用にかかっていた情報システム部門の工数(経営資源)を、企業の本業(コア業務)にシフトすることを可能にし、経営戦略に基づくIT企画や課題への対応を支援します。

概要

情報システム部門に求められる攻めの体制

ビジネス変革と継続的な価値創出が求められる企業をとりまく環境において、情報システム部門の役割は守りから攻めの体制へと変革が必要になっています。

これまで、企業の情報システム部門は、システム基盤を安定的に運用し、更新対応を行ってきました。IT資産を管理し、障害対応やセキュリティ対応を進めながら、同時に、システム運用業務の効率化への取り組みを行ってきました。しかし、近年のビジネスにおけるITの適用範囲拡大やエンドユーザーのニーズ変化対応で複雑化したシステム基盤を、自社リソースのみで対応するには限界があります。また、あらたなIT課題への対応が後手にまわってしまうケースも少なくありません。

システム運用業務をアウトソーシングしてコア業務に注力する

サービス提供のイメージ
サービス提供のイメージ[拡大図]

コベルコシステムは、お客様の情報システム部門が「コア業務・攻めのエリア」に注力するため、「守りのエリア」のアウトソーシングサービスで、全面的にサポートします。

ミッション・クリティカルな環境を含むサーバーやネットワークなどのシステム基盤を、お客様に代わり運用・管理。運用の標準化、自動化・監視技術などを適用することにより、運用の安定化、管理コストの削減、障害リスクの軽減、高いセキュリティ、障害対応の迅速化を図り、情報システム部門の「守りのエリア」を強力にサポートします。

特長・強み

サービスの特長

お客様に合わせたソリューション提供

急激なビジネス環境の変化に伴って多様化するIT組織のミッションによりお客様のシステム環境や業務も様々です。コベルコシステムでは、まずお客様のIT組織業務分析を行い、お客様のアウトソーシングサービスデザインを定義することで、お客様のIT組織・環境にあったソリューションを提供します。

継続的な運用改善提案と活動

運用報告ではお客様への実績報告だけではなく、お客様のIT企画業務や改善の気づきを得られる情報を提供します。また、「見える運用アウトソーシング」を目的として、運用サービスKPIについてはお客様とも共有し、運用改善活動を継続的に支援します。

中立的なITパートナーとしての

コベルコシステムでは、アウトソーシング活用のリスク軽減を目的として、お客様のお使いになる製品やサービス(クラウドサービス含む)に対して中立的な立場で、お客様の業務を支援します。

柔軟な契約形態

当サービスではお客様のアウトソーシング活用リスクを低減させることを目的にスモールスタートで段階的拡張利用が可能です。例えば、お客様のアウトソーソング活用方針などが確定しておらず、直近のIT運用課題の一部分に範囲を限定して活用を開始し、徐々にアウトソーシング範囲を拡張させていくことが可能です。当社受託範囲を規定した上で、契約期間、サービスレベルを柔軟に設定いたします。

提供形態

システム基盤運用アウトソーシングサービス利用におけるサービスや人材は、お客様の業務内容やセキュリティポリシーに則り、オンサイト/リモートの提供形態で提供します。当サービス利用におけるサービスや人材の提供形態について、お客様の業務内容やセキュリティポリシーに則り、定常業務などビジネス上のリスクを伴わないような作業にはリモート要員を活用することでアウトソーシングのコストメリットを享受頂くことが可能です。また、お客様のアウトソーサー活用方針において、業務形態によって遠隔サイトからのリモートサービス提供を許可しない場合などは、オンサイト要員を活用頂くことでの実現が可能です。サービス時間、報告書形式、インシデント共有/課題管理方法についても、可能な限りお客様のご要望に応じた提供方法をご提案します。

コベルコシステムの強み

神戸製鋼所をはじめとする大企業に対する高品質なサービス提供実績

コベルコシステムは、神戸製鋼所における24時間365日ノンストップ稼働が求められるシステムをはじめ、大企業に対して高品質なシステム運用アウトソーシングサービスを提供してきました。また、製造業大手のナブテスコ株式会社様ではSAPシステムを含むサーバー約200台のクラウド化を1年で実現し、運用アウトソーシングにより社内運用工数を大幅に削減した事例がございます。

ナブテスコ株式会社様:SAPシステムを含むサーバー約200台のクラウド化を1年で実現。運用アウトソーシングにより社内運用工数を大幅に削減。

システム基盤の設計・構築から運用アウトソーシングまでをトータルにご提供可能

コベルコシステムは、システム基盤の設計・構築サービスも提供しており、お客様に合った最適な運用アウトソーシングをトータルにご提供することが可能です。

アプリケーション保守サービス(AMS)対応など幅広いオプション

コベルコシステムでは、システム基盤だけではなく、ERPをはじめとするAMS(アプリケーション保守サービス)とも連携し、ワンストップサービスを提供します。

運用アウトソーシング計画の進め方

お客様情報システム部門の“コア業務”=“情報システム部門のあるべき姿”を共有してゴールイメージを明確にしてそれぞれのコア業務の現状とあるべき姿を明確にして計画する必要があります。

運用アウトソーシング計画の進め方

検討工程の大まかな流れ

運用アウトソーシングの検討工程
運用アウトソーシングの検討工程[拡大図]
  1. ITシステムとしての中長期の重点施策は何か?
  2. “ITシステムのあるべき姿”の実現を阻害する要因は何か?
  3. 阻害要因に対して優先度、緊急度、関連性を整理
  4. 自社の“強み”、“弱み”も関連つけて整理し、社内要員で強化すべき個所と外部リソース活用すべき個所を明確にして計画を策定

運用アウトソーシング計画の工程概略

コベルコシステムでは、ITILをベースとしたプロセスにそって、豊富な運用・管理の経験をもとに、お客様環境に応じたサービスをご提供いたします。具体的な運用計画や、キャパシティプランニングなどに基づき、アプリケーションで利用するサーバーやネットワーク環境の構築・運用をお任せ頂くことが可能です。

大工程 工程 内容
サービス
ストラテジ
準備 アウトソース活用計画を策定し要求仕様を作成。概略の投資計画を含めた社内合意の形成。
企画 運用業務を分析・整理し、運用アウトソーシング計画書およびグランドデザインを策定。
実行計画 運用アウトソーシング計画を実現するためのプロジェクト計画を策定。
サービス
デザイン
要求定義 実現可能な運用アウトソーシングデザインを実施。
運用デザイン 運用アウトソーシングエリアに対する体制・役割を明確化(運用管理手法など)。
サービス
トランジション
運用改修・
追加実装
  • アウトソーサーに引き渡すドキュメントの作成・改修。
  • アウトソーサーにて運用するにあたり必要なツール等の実装。
運用引継
  • 運用管理設計・手順書の内容確認。
  • 手順書に沿った実施操作。
  • 運用メンバーの教育。
サービス
オペレーション
運用 運用移管計画に沿って、移管された運用が開始。
継続的
サービス改善
運用改善 運用に入ってからは当初運用プロセスの中でKPI設定し、非定型の定型化を検討・手順化・運用改善などの対応を双方合意のもとで順次運用。移管エリアを拡大。

導入事例

ナブテスコ株式会社様

ナブテスコ株式会社様

SAPシステムを含むサーバー約200台のクラウド化を1年で実現。運用アウトソーシングにより社内運用工数を大幅に削減。

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求