CAD

CAD

製造業の製品開発力強化と製品開発期間短縮のため、設計プロセスの見直しと3D設計(3次元設計)への移行により企業力強化を行う。

概要

次世代の製品開発プロセスの構築に向けて

今、顧客の需要は益々多様化し、求められる製品も複雑化しています。その中でメーカにおいても 量産→他品種少量生産→受注生産型へ生産形態が急速に変化しています。そのなかで、製品を 生み出す設計部門に求められる事も多様化しています。

その最たる物は、開発のリードタイム短縮です。そのためには設計業務におけるあらゆるプロセスを 効率化し短縮する必要があります。デザイン・レビュー(以下DRと記す)のフロント・ローディング化や、 試作の回数削減。ひいてはデジタル・モックアップによる試作レス等、取組課題は非常に多くあります。

これらのデータを作成するツール(ベース)となるのが、3Dを含めたCADシステムです。CADシステムに よる業務の最適化を行うことなくして、製造業の発展はありません。

製品企画~製品開発~製作~販売~メンテナンス(保守)まで、あらゆる業務で設計の情報(CAD データ)を活用し、製品の競争力を高める事が企業そのものの競争力強化となるのです。

課題解決&導入効果

設 計の業務を改革するという意味では、3D設計への取組があります。3D化の最終目的は、完全3D設計によるあらゆるプロセスの最適化です。しかし、今ま で行ってきた業務を「いきなり」全面的に変えることは非常に大きなストレスになります。そこでまず、手短なところでは設計のプロセスにおいて一部分の3D 化を行います。例えば従来いわゆる、設計者の「勘」に頼って製品の不具合原因となっていた部分について、コンピュータを利用した「解析」を適用します。解 析の適用には設計の3Dが前提となります。これにより、特定の属人化していた業務を標準化し、理論的に正しい設計を行うことができます。最終的にはプロセ ス全体を3D化する事により、その3Dデータを活用することで、設計業務のみならず営業(販売)~生産~保守メンテナンスのあらゆる業務プロセスにおい て、大きな企業力強化に結びつくことになります。

具体的に、例えば営業(販売)のフェーズでは、3Dデータによる顧客プレゼン テーションを行うことで、より印象的かつ効果的なプレゼンテーションを実現で き、成約率の向上につなげる事となり、最終的にはWeb(Internet)を利用した企業PRにも展開することが出来ます。
製造の現場では、新しい製品の製造ラインを稼働させる場合でも3DによるCG活用などで、ミスが無く、歩留まりの高い製造を行い、製品品質を向上することで企業の信用力を大幅に向上することが出来ます。
保守(メンテナンス)の現場では、3Dデータを現場で活用することで不具合部品の確実な把握とその部品発注により製品の機器停止時間を短縮化することが出来ます。
これら全体を通じて企業のブランド・イメージを高めることにもつながります。

つ まり、設計のプロセスそのものを見直し、設計において作成された各種の情報を効果的に活用することで、お客様の製品力、企業力強化のプラットフォームを 築くことが出来ます。このように、製造業から出た弊社は、設計現場を中心とした企業改革のお手伝いをすることが出来るシステム・インテグレータであると自 負しております。

パートナー

ソリューションに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求