• 東京
  • 【受付中】

デジタル革新で攻めのITと守りのIT
今、取り組むべき4つの備え

開催日:2017年06月29日
主催:コベルコシステム株式会社東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

本セミナーでは、戦略的に強みを活かす差別化領域の業務を 『攻めのIT』、業務の標準化が可能な領域を 『守りのIT』 として、今、取り組むべき4つの備えについての最新情報を紹介します。

デジタル革新の時代において、新基幹システムに求める要件は、単なる既存システムの焼き直しではなく、新たなビジネスを創出するための手段として最大限に活用できる基盤でありうることです。
コベルコシステムでは、製造業のお客様の課題にお応えするITシステム構築のサービス提供を通じて、経営をご支援しています。貴社の経営革新のヒントになれば幸いです。

このセミナー・イベントへのお申込み

定員に達した場合は締め切らせて頂く場合がございますので予めご了承ください。

プログラム

13:30~14:10 <基調講演>
デジタル革新で攻めのITと守りのIT!今、取り組むべき企業ITの備えとは
コベルコシステム株式会社 産業ビジネス本部 ソリューション推進部
部長 本山 保雄

デジタル革新の時代において、新基幹システムに求める要件は、単なる既存システムの焼き直しではなく、新たなビジネスを創出するための手段として最大限に活用できる基盤でありうることです。 コベルコシステムでは、お客様の業務を理解し、戦略的に強みを活かす差別化領域の業務は 『攻めのIT』、業務の標準化が可能な領域は 『守りのIT』 として、それぞれ最適なソリューションを提供します。
本セッションでは、コベルコシステムが20年以上培った基幹システム導入の経験ノウハウをベースに『ビジネス環境の変化への柔軟性と将来の成長/拡張に配慮した企業ITの備え』について、紹介します。貴社の経営革新のヒントになれば幸いです。
14:10~14:50 <設計製造連携ソリューション>
設計BOMと工程設計の連携と、原価企画システム活用によるライフサイクルコストマネジメント 
~ 最新事例を用いて(mcframe PLM EM-Bridge) ~
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 新商品開発本部 マーケティング企画本部 商品企画2部
部長 伊与田 克宏

技術情報管理で最も苦労する2つのポイント「E-BOMからのM-BOM生成と設計変更対応」、「設計-製造間で情報連携することによる設計初期段階の原価作り込み(原価企画)」を、 ビジュアルかつスピーディーにサポートする仕組みが「mcframe PLM EM-Bridge」です。本当の意味で、プロダクトライフサイクルを横串でマネジメントすることを志向している点が特徴です。本セッションでは、「mcframe PLM EM-Bridge」が実現する設計- 製造連携、製品ライフサイクルにおいて一気通貫型にコスト情報(原価データ)をマネジメントし、原価を作り込み、利益を上げる仕組みづくりについて、事例を用いて解説します。
14:50~15:00 休憩
15:00~16:00 <原価管理ソリューション>
見える化とシミュレーションによる環境変化を見据えたコスト改善
~ 原価管理に関する課題と解決方法 (mcframe原価管理) ~
コベルコシステム株式会社 製造ソリューション本部 生産ソリューション部
松本 敏則

厳しい企業競争を生き残るために、原価管理によって利益を把握することが重要視されています。しかし、このテーマは業種業態を問わず多くの製造業において課題のままとなっています。本セッションでは、製造業を取り巻く原価管理業務の現状と課題に触れ、その解決方法を事例を交えながら説明します。また、mcframeを活用した経営管理指標の見える化についても紹介します。
16:00~16:30 <MES ソリューション>
製造・物流現場作業の課題を解決 ~ “MESテンプレート”による現場効率化 ~
コベルコシステム株式会社 製造ソリューション本部 生産ソリューション部
遠藤 順一

製造・物流現場には基幹システムの導入だけでは解決できない課題が数多くあります。本セッションでは、当社のMESテンプレート導入事例を交えながら、入出庫・製造・棚卸・出荷など、さまざまな現場業務における具体的な課題と解決方法について紹介します。
16:30~17:00 <IoT ソリューション>
「製造現場」との連携ソリューションのご紹介 ~ mcframe IoTシリーズ ~
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 プロダクト事業本部 プロダクトコンサルティング部
新井 慶知

ものづくりIoTソリューションを支えるmcframe IoT製品を紹介します。
 mcframe SIGNAL CHAIN : ~製造現場向け “簡単” IoT
 mcframe MOTION : ~ヒトの動作を、簡単データ化
 mcframe RAKU-PAD : ~タブレットによる"簡単"実績収集・分析

開催情報

日時 2017年06月29日 13:30~17:00(受付 13:00~)
参加対象者 製造業の経営者、管理者の方
製造業の経営革新を担当されている方

※同業者のお申込みは、お断りする場合がございます。
定員 40名
参加費 無料・事前登録制
会場

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 本社 セミナールーム
東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル
・東京メトロ 千代田線・半蔵門線・東西線 大手町駅 C1出口より直結
・都営地下鉄 三田線 大手町駅 C1出口より直結
・東京メトロ 丸ノ内線 大手町駅 A1出口より徒歩2分
・JR東京駅 丸の内北口から徒歩10分、神田駅 西口から徒歩10分

拡大地図を表示(GoogleMAP)

講師紹介

speaker_20170629_motoyama_01.jpg

コベルコシステム株式会社
産業ビジネス本部 ソリューション推進部

部長 本山 保雄

1981年日本IBMに入社。16年間、IBM野洲工場においてプリント基板、電子部品、半導体等の生産管理業務とインベントリーマネジメント業務を担当。1998年よりSCM/生産管理領域のコンサルタント/プロマネとして主に製造業のお客様の構想策定からシステム構築のプロジェクトを支援。日本IBMではEA-SAP SCMコンサル部 部長等を歴任。2014年7月コベルコシステム株式会社へ出向。テクニカルセンター長を経て、2016年4月より現職。

このセミナー・イベントへのお申込み

定員に達した場合は締め切らせて頂く場合がございますので予めご了承ください。

セミナー&イベントトップ