モロゾフ株式会社様

モロゾフ株式会社様

大幅なTCO削減に成功

この記事は、日本アイ・ビー・エム株式会社の許諾を得て転載しています。

お客様ニーズ

モロゾフ株式会社本社を神戸に置き全国で洋菓子の製造販売および飲食店の経営をしているモロゾフ株式会社(以下、モロゾフ)は、創業70余年を迎える老舗洋菓子メーカーです。
モロゾフの基幹業務システムは、長年にわたり他社汎用機で運用を行なっていましたが、2000年から同社でスタートした中期計画により、5年間にわたりシステムの刷新を計画・実施。2003年8月にはIBM iSeries®を導入し、システムの再構築が開始されました。また、会計システムについては、iSeriesに対応した株式会社ネスコの統合会計パッケージSuperStream/400を導入し、2004年2月に本運用をスタート。2005年夏には、旧システムで運用していたすべての基幹業務システムをiSeriesで再構築し統合化する作業が完了。大幅なTCO削減に成功しました。

TCO削減とデータ活用を目標として新システムのハードウェアを選定
藤本 義久氏

モロゾフ株式会社
経営企画グループ
情報化企画専任課長
藤本 義久氏

「新システムに求めていたことは、大きく分けて二つあります。まずはTCOの削減です。そしてもう一つは、旧システムでは難しかったデータ共有を進めてい くことです。各部門でデータを活用していくことを進めていましたが、そのレベルをもうワンランク上げたいと考えたのです」と話すのは、同社経営企画グルー プ情報化企画専任課長の藤本義久氏です。
モロゾフの基幹業務システムは、1990年代後半に導入された他社汎用機で構築されていました。しかし導入から年月がたち、旧システムではTCO削減とデータ活用のニーズに応えることができず、システムの再構築が検討されました。

そこで新システムで稼働するハードウェアの選定が開始され、選ばれたのはiSeriesでした。「1999年には受注出荷のためのフロントエンドとして、 すでにAS/400®を導入していました。そこでAS/400の高いパフォーマンスと高信頼性を体感していたのです。それが次期システムをiSeries で再構築しようと決めた理由の一つです」と同社経営企画グループシステム開発専任課長の北野正量氏は話します。
「オープンシステムでの再構築も検討してみたのですが、ミッションクリティカルな基幹システムはより信頼性の高いプラットフォームで稼働させたいという希 望がありました。しかもTCOの削減面でも他プラットフォームよりiSeriesのほうが優れていました。TCOといっても購入価格と運用保守費用に大別 される と思いますが、どちらをみても約1/3にコストダウンとなるという試算が出たのです」(藤本氏)

ソリューション

全基幹業務システムを再構築決算短縮化のために会計パッケージも導入
木村 雅一氏

モロゾフ株式会社
経理グループ
税経専任課長
木村 雅一氏

システムの再構築にあたっては、すべての基幹業務が対象となりました。「販売、生産、予算の各管理システムについては、旧システムからのストレートコン バージョン、購買システムに関しては作り直しを行ないました。ただ、会計システムだけは決算業務の短縮化を目指して、会計パッケージの新規導入を決めまし た」(藤本氏)

会計パッケージ選定にあたっては、ERPパッケージの財務会計部分を含め数社のパッケージを比較検討しました。その中で採用を決めたのは、iSeriesで稼働し、導入実績も豊富な統合会計パッケージSuperStream/400でした。
「国内で2000社以上という導入実績が決め手になりましたね。iSeriesでも100社以上の導入実績があるということで、iSeriesとの親和性も抜群だと考えました」と話すのは、同社経理グループ税経専任課長の木村雅一氏です。
旧会計システムは自社開発をしていましたが、次期システムでは「ノンカスタマイズで標準仕様のまま使用すること」を導入時の前提としていました。「情報シ ステム部門からみると、自社開発した会計システムでは法改正の度ごとにプログラムを修正することになるため、避けたかったのです。そこで、会計パッケージ をそのままで使い、法改正した際には、取引先から提供される改正版を適用するという方法をとりたいと考えました」(藤本氏)

基幹業務システムの再構築がスタートしたのは2003年夏のことです。その同時期には、SuperStream/400も 導入されました。「システム再構築にあたって、大幅なプログラムの棚卸を図りました。COBOLで組まれたプログラムが2500近くあったのですが、その 資産を1/3に減らすことを目標としました。しかし、いざ実行してみると目標値を上回って700まで減らすことができたのです。使っていないプログラムが 多かったこともありますが、ペーパーレスをキーワードに帳票類などの紙をほぼ全廃したことも、大幅にプログラムを削減できた大きな理由でしょう」(北野 氏)

導入の効果

日次処理、月次処理などが大幅短縮されたほか
会計の定型業務も迅速化されTCOが削減
北野 正量氏

モロゾフ株式会社
経営企画グループ
システム開発専任課長
北野 正量氏

2004年2月にはSuperStream/400が 本運用を開始しました。また、基幹業務システムの移行については、2004年夏から約1年間かけてコンバージョン、テスト、パイロット運用を完了。 2005年夏からの本運用開始となりました。「旧システムでは運用要員として常時1名が必要でしたが、現システムではバックアップメディアの大容量化、 ペーパーレス、電子帳票(CMOD)の導入などによって運用が自動化されているため、日常業務の必要がほとんどなくなりました。さらに、旧システムでは 2、3日かけていた月次処理がわずか1時間たらず、日次処理にいたっては2時間かかっていたものが20分程度になりました。このパフォーマンスの良さには 驚きました。また、この短時間処理によってテストを数多くこなせることができたことが、本番稼働後のトラブルの少なさにもつながっていると思います。この ようにコンバージョンが予想以上にスムーズに行われた背景には、ビジネスパートナーのコベルコシステムや、IBM担当者など、プロジェクトメンバーの力が 大変大きいと思っています」(北野氏)

システム運用の自動化と処理時間の短縮により、大幅なTCO削減が実現したといえるでしょう。また、紙によるアウトプットをほぼ全廃し電子帳票(CMOD)にしたことが、用紙代の大幅な節約となり、年間で約100万円のコストダウンにも寄与しました。

新会計システム導入のメリットは大きかったと木村氏は話します。「旧システムでは、手書きした伝票を端末に入力するという二度手間があったのです。また、カタカナ入力でしたのでデータ量にも制限がありました。それが、SuperStream/400で は『伝票作成=データ』という形になりましたから、処理速度が格段にアップしましたね。また、旧システムでは『伝票はあるのに入力が間に合わない』という 状況が発生していたのですが、現システムでは伝票を作成した時点でデータになっていますから、そのような状況は皆無になりました」

旧会計システムでは、朝から処理して終了するのが夕方、それから帳票が出てくるという作業がありました。しかし、現会計システムではリアルタイムでデータ が上がってきて、それをすぐに活用することができるため、処理時間の大幅短縮も実現しました。決算業務の短縮化だけでなく、定型業務のスピードアップにも 成功したといえるでしょう。

また、「段階的に各モジュールを追加導入できる」というSuperStream/400のメリットを生かして、基幹会計システム「SuperStream/400-CORE」導入後1年を経て、サイドモジュール「SuperStream/400-FA+」も追加導入しています。「固定資産を管理できるモジュール『FA+』はすでに2005年2月から運用を開始しています。『CORE』との連携も含めて順調に運用できています」(木村氏)

将来の展望

DWHの考え方を取り入れたデータ活用強化を今後の目標に
モロゾフ本社のサーバールーム

モロゾフ本社のサーバールーム

2000年からスタートしたシステム再構築が2005年夏には完了し、モロゾフでは次のフェーズへと走り出し始めました。「システム再構築の大きな二つの 目的のうちTCO削減については達成できたと考えていますので、今後はデータ活用を強化していきたいと考えています。将来的には、データウェアハウス (DWH)を元にした考え方でデータを統合していきたいですね」(藤本氏)

導入された企業様

モロゾフ株式会社様

モロゾフ株式会社様

    所在地:兵庫県神戸市東灘区御影本町6-11-19
    URL:http://www.morozoff.co.jp/

1931年の創業から70余年、本当に良いものを提供するということに一貫してこだわっている洋菓子メーカーです。「ロマンのあるスイート」を企業テーマに、「健康、清潔、良心的で質において一流であり世界に通用する企業となる」を経営理念として歩み続けました。現在では、喫茶や菓子の直営店、百貨店や専門店のテナントなどをあわせて、700以上の店舗で全国展開をしています。

導入事例に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求 

関連する導入事例

  • サンコール株式会社様

    サンコール株式会社様

    販売/購買管理システムと連携した会計システムを「SuperStream/400」で構築。業務効率化、意思決定の迅速化につなげる

  • X社(組立製造業)様

    X社(組立製造業)様

    分社化に伴う基幹システムのリプレース「新システムはパッケージで構築したい!!」

  • 理想科学工業株式会社様

    理想科学工業株式会社様

    日本、中国、タイの工場を MCFrameで一元管理、生産体制の変化にも迅速かつ柔軟に対応