K社(建設機械メーカー)様

K社(建設機械メーカー)様

企業合併による人事給与制度・システムの一本化をASPで実現

導入前の問題

  • 合併により人事・給与システムの統一が急務に。約半年の準備期間でのシステム導入が必要であった。
→

導入後の効果

  • 与えられた期間でのシステム導入を実現し、新会社の発足にあわせて新たな人事・給与システムの利用をスタート。経営資源をコア業務にシフトする足がかりとすることができた。

導入のきっかけ

導入の背景

4社統合で人事給与システムの一本化が課題に

K社様は、大手鉄鋼メーカーの建設機械部門とその販売子会社、協力会社の重工メーカー、そして関連商事会社の販売部門の4社が統合して創設されました。新会社発足にあたっては、統合前の4社がそれぞれにもっていた給与・人事部門の制度やシステムを一本化する必要性がありました。準備期間として与えられた時間は約半年間。各社で新たな制度づくりとシステム開発を行う時間的余裕はありません。そのため人事・給与業務のアウトソーシング化を検討され、ご相談をいただきました。

ソリューション概要

徹底したコンサルティングで最適な制度を確定

当社はASP(Application Service Provider=ネットワーク経由でのアプリケーション貸出し)によるアウトソーシングを提案させていただきました。導入に際して、まず4社の人事・給与制度を分析しました。ASP導入においては、システム開発の前に現状の社内制度をどれだけ正確に捉え、合理的に制定し直すかが大きなポイントだからです。当社は人事のプロフェッショナルである協力会社(コベルコパーソネル)と共同で、徹底したコンサルティングをさせていだだき、新会社にとって最適な人事・給与制度を制定していきました。


開発・コンサルティングの連携により半年で構築

こうして確定した新しい制度に基づいて、当社開発による人事・給与システムの標準的パッケージを設定(カスタマイズ)し、運用テストを経て、システムが完成。新会社発足と同時にサービスを開始できました。コンサルティング部門と開発部門が常に連携をとりながら、一体となってお客様に対応してきたため、ご相談後半年という短期間で最適なシステムを構築することができたのです。導入までに要した時間の内訳は、制度分析・制定に3ヶ月、システム設定に2ヶ月、運用テストに1ヶ月でした。

導入の効果

最大のメリットはコア業務への戦力集中

ASP導入によってK社様は、短期間で人事・給与業務の仕組みが構築できただけでなく、業務部門の設備や人員も最小限に抑えることで、コストの低減化を実現されました。また、“ローカルだった”各社の旧制度が合理化されたことで、過度に専門化しがちだった人事・給与部門のローテーションも実施しやすくなり、人材を効率的に育成・活用できるようになりました。今後K社様では、経理部門を含むスタッフ部門のアウトソーシング化をさらに推進し、コア業務へ経営資源を集中していかれる方針です。

導入された企業様

K社(建設機械メーカー)様

導入したソリューション&サービス

導入事例に関するお問い合わせ・資料請求はこちらから

お問い合わせ・資料請求